(個人資産)2級FP 2018年1月 問2

《設 例》
会社員のAさん(55歳)は、妻Bさん(53歳)および長男Cさん(26歳)との3人暮らしである。Aさんは、高校卒業後から現在に至るまでX社に勤務している。先日、友人が急逝したことから、Aさんは自身が死亡した場合の家族の生活などについて考えるようになった。そこで、Aさんは、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。
Aさんおよびその家族に関する資料は、以下のとおりである。
〈Aさんおよびその家族に関する資料〉
(1) Aさん(会社員)
生年月日:昭和37年7月2日
厚生年金保険、全国健康保険協会管掌健康保険、雇用保険に加入している。
〔公的年金の加入歴〕

(2) 妻Bさん(専業主婦)
生年月日:昭和39年2月18日
高校卒業後から25歳でAさんと結婚するまでは厚生年金保険に加入していた。
結婚後はAさんの被扶養配偶者として国民年金に加入している。また、Aさんが加入している健康保険の被扶養者である。
(3) 長男Cさん(会社員)
生年月日:平成3年5月25日
厚生年金保険、全国健康保険協会管掌健康保険、雇用保険に加入している。
※妻Bさんは、現在および将来においても、Aさんと同居し、生計維持関係にあるものとする。
※妻Bさんおよび長男Cさんは、現在および将来においても、公的年金制度における障害等級に該当する障害の状態にないものとする。
※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問2 Mさんは、Aさんに対して、妻Bさんが遺族厚生年金を受給した場合の公的年金制度について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

① 「妻Bさんは、65歳から老齢基礎年金と老齢厚生年金を受給することになりますが、その場合、遺族厚生年金は、その額のうち、妻Bさんの老齢厚生年金の額に相当する部分の支給が停止されます」
② 「妻Bさんは、特別支給の老齢厚生年金の受給権を法定の支給開始年齢到達時に取得した場合、特別支給の老齢厚生年金と遺族厚生年金を同時に受給することができます」
③ 「妻Bさんが65歳以後に受給する遺族厚生年金には、経過的寡婦加算の加算は行われません」

[解答]① 〇 ② × ③ 〇
[配点(予想)]① 1 ② 1 ③ 1
[難易度]① B ② B ③ C
[解説]
① 妻Bさんは高校卒業から25歳までしか厚生年金保険料を支払っていないため、遺族厚生年金の方が金額が高くなる。遺族厚生年金が老齢厚生年金より高い場合は、その差額分が支払われる。この問題文では「遺族厚生年金の一部(老齢厚生年金の額に相当する部分)が支給停止される」とある。妻Bさんの年金部分の支給が優先されるため、まず老齢基礎年金と老齢厚生年金を受け取り、「遺族厚生年金-老齢厚生年金」の分が上乗せされる仕組みである。慣れていないと難しいかもしれないが、しっかり理解しておきたい。
② 特別支給の老齢厚生年金を受け取るということは、65歳前に年金を受け取ることである。65歳前に遺族基礎年金・遺族厚生年金と特別支給の老齢厚生年金を同時に受け取れる場合には、どちらかを選択することになる。
③ まずは経過的寡婦加算についておさえておく。経過的寡婦加算は、遺族厚生年金を受けている妻が65歳で老齢基礎年金を受けるようになったとき、それまで受けていた中高齢寡婦加算に代わり加算される。老齢基礎年金が中高齢寡婦加算より少ないと65歳以降の年金額が減ってしまうため設けられた。経過的寡婦加算を受け取れるのは、「昭和31年4月1日以前生まれの妻に65歳以上で遺族厚生年金の受給権が発生したとき」「中高齢の加算がされていた昭和31年4月1日以前生まれの遺族厚生年金の受給権者である昭和31年4月1日以前生まれの妻が65歳に達したとき」である。「昭和31年4月1日以前」を覚えるのは負担が大きいため、とりあえず「現在60歳未満である人は受け取れない」と覚えておくのも一つである。

解答解説[表示]