(個人資産)2級FP 2018年1月 問4

《設 例》
会社員のAさん(59歳)は、これまで国内の預貯金を中心に資産を運用してきたが、定年退職時に受け取る退職金の一部を活用して運用対象を広げてみたいと考えており、下記のX株式会社の社債(以下、「X社債」という)および米ドル建て定期預金を運用対象として検討している。そこで、Aさんは、債券投資および外貨預金での運用について、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。
Aさんが運用対象として検討しているX社債および米ドル建て定期預金に関する資料は、以下のとおりである。
〈X社債に関する資料〉
・発行会社 :国内の大手企業
・購入価格 :101.00円(額面100円当たり)
・表面利率 :0.6%
・利払日 :年2回(3月末日、9月末日)
・残存期間 :4年
・格付 :A
〈米ドル建て定期預金に関する資料〉
・預入金額 :20,000米ドル
・預入期間 :6カ月満期
・利率(年率) :0.5%(満期時一括支払)
・為替予約なし
・適用為替レート(円/米ドル)

※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問4 Mさんは、Aさんに対して、AさんがX社債を購入する場合の留意点等について説明した。Mさんの説明に関する次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① 「A格相当の債券は、投資適格債券に該当しますので、確実に元利金が約定どおり支払われます」
② 「X社債の購入後に市場金利が上昇した場合、購入価格よりも高い価格で売却できる可能性があります」
③ 「仮に、X社債を購入して、2年後に額面100円当たり102.00円で売却した場合の所有期間利回り(年率・単利)は、約1.09%となります」

[解答]① × ② × ③ 〇
[配点(予想)]① 1 ② 1 ③ 1
[難易度]① A ② A ③ A
[解説]
① 格付けにより投資適格債券とされていても元利金が約定どおり支払われるわけではない。格付はAとある。格付け機関によって使用するアルファベットは異なるが、ここではAが投資適格債券に該当するかどうかは問うていないと考えられる。S&P(BBB以上が投資適格債券)、ムーディーズ(Baa以上が投資適格債券)ともにAは投資適格債券である。投資は投機とは違い、リスクをおさえながら長期的に運用し利益を追求する。投機は短期的な運用で利益を目指すが、損失したときの額が大きくなる。値動きに根拠がないものも投機と言える。
② 債券の基本的な特徴である。債券は市場金利が上昇すると、新発債券の方が魅力が出るため、債券価格は下がる。
③ 所有期間利回りを求める。「{0.6+(102-101)÷2}÷101×100=1.0891」よって、正しい。

解答解説[表示]