(個人資産)2級FP 2017年5月 問5

《設 例》
会社員のAさん(45歳)は、2年前に購入したX投資信託を現在も保有しているが、新たにY投資信託に興味を持つようになった。そこで、Aさんは、金融機関に勤務するファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。
X投資信託およびY投資信託に関する資料等は、以下のとおりである。
〈X投資信託に関する資料〉
・公募株式投資信託
・追加型/国内/株式
・主な投資対象 :東京証券取引所市場第一部に上場する株式
・信託期間 :無期限
・決算日 :毎年9月20日
・購入時手数料 :購入時の基準価額に対して2.16%(税込)
・運用管理費用(信託報酬):年1.08%(税込)
・信託財産留保額 :なし
〈Y投資信託に関する資料〉
・公募株式投資信託
・追加型/海外/債券 為替ヘッジなし
・主な投資対象 :米国の企業が発行するドル建ての債券
・信託期間 :無期限
・決算日 :年2回(5月20日と11月20日)
・購入時手数料 :購入時の基準価額に対して3.24%(税込)
・運用管理費用(信託報酬):年1.863%(税込)
・信託財産留保額 :換金時の基準価額に対して0.3%

問5

X投資信託とY投資信託についてMさんがAさんに対して説明した以下の文章の空欄①~④に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。
ⅰ)「無リスク資産利子率を1%と仮定した場合、過去5年間の運用パフォーマンスに基づくX投資信託のシャープ・レシオは、( ① )です。一方、Y投資信託のシャープ・レシオは、( ② )です。シャープ・レシオの値が大きいほど、取ったリスクに対して大きなリターンを得たことになります。このため、X投資信託とY投資信託を比較した場合、シャープ・レシオからみると、( ③ )のほうが過去のパフォーマンスは優れていたといえます。なお、過去のパフォーマンスが高い投資信託であっても、将来のパフォーマンスもその通りになるとは限りませんので、注意が必要です」
ⅱ)「Aさんは、これまでにX投資信託から普通分配金と元本払戻金(特別分配金)を受け取っています。このうち、普通分配金による所得は( ④ )とされ、分配時に所得税および復興特別所得税と住民税の合計で20.315%の税率による源泉(特別)徴収がされています。一方、元本払戻金(特別分配金)は非課税とされています」
〈語句群〉
イ.X投資信託 ロ.Y投資信託 ハ.1.4 ニ.2.0 ホ.2.4
へ.3.0 ト.配当所得 チ.利子所得 リ.雑所得

[解答]① ヘ ② ホ ③ イ ④ ト
[解説]
① シャープレシオは、投資信託の運用状況を見るための指標。{(ポートフォリオの平均リターン)−(無リスク利子率)}/(ポートフォリオの標準偏差)で求める。よって、X投資信託の(10-1)/3=3.0 となる。
② 一方、Y投資信託のシャープレシオは、(13-1)/5=2.4 となる。
③ シャープレシオは、数値が高いほどパフォーマンスが高いと判断される。よって、X投資信託の方が運用効率が高い。
④ 株式投資信託の税金は、分配金と譲渡による譲渡益がある。分配金のうち、特別分配金は非課税だが、普通分配金は配当所得となり、20.315%の税率による源泉(特別)徴収がされる。また上場・公募株式投資信託の収益分配金は、上場株式の配当金と同じで、申告不要、総合課税、申告分離課税から選択できる。私募株式投資信託の収益分配金は、非上場株式の配当金と同じで、総合課税の対象となる。

解答解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...