(個人資産)2級FP 2017年5月 問6

《設 例》
会社員のAさん(45歳)は、2年前に購入したX投資信託を現在も保有しているが、新たにY投資信託に興味を持つようになった。そこで、Aさんは、金融機関に勤務するファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。
X投資信託およびY投資信託に関する資料等は、以下のとおりである。
〈X投資信託に関する資料〉
・公募株式投資信託
・追加型/国内/株式
・主な投資対象 :東京証券取引所市場第一部に上場する株式
・信託期間 :無期限
・決算日 :毎年9月20日
・購入時手数料 :購入時の基準価額に対して2.16%(税込)
・運用管理費用(信託報酬):年1.08%(税込)
・信託財産留保額 :なし
〈Y投資信託に関する資料〉
・公募株式投資信託
・追加型/海外/債券 為替ヘッジなし
・主な投資対象 :米国の企業が発行するドル建ての債券
・信託期間 :無期限
・決算日 :年2回(5月20日と11月20日)
・購入時手数料 :購入時の基準価額に対して3.24%(税込)
・運用管理費用(信託報酬):年1.863%(税込)
・信託財産留保額 :換金時の基準価額に対して0.3%

問6

《設例》の〈X投資信託とY投資信託の予想収益率〉に基づいて、X投資信託とY投資信託をそれぞれ4:6の割合で保有した場合のポートフォリオの期待収益率を、次の①~③の順序で求めなさい(計算過程の記載は不要)。なお、〈答〉は%表示の小数点以下第2位を四捨五入し、小数点以下第1位までを解答用紙に記入すること。
① X投資信託の期待収益率
② Y投資信託の期待収益率
③ ポートフォリオの期待収益率

[解答]① 5.5(%) ② 9.1(%) ③ 7.7(%)
[解説]
① 期待収益率は、シナリオごとの予想収益率に生起確率をかけ、合計した数値を求める。
X投資信託の期待収益率 15%×0.3+10%×0.5+▲20%×0.2=4.5+5-4=5.5%
② 同じく、
Y投資信託の期待収益率 ▲5%×0.3+14%×0.5+18%×0.2=-1.5+7+3.6=9.1
③ ポートフォリオの期待収益率は、それぞれの期待収益率に配分割合を掛けて合計する。
5.5%×0.4+9.1%×0.6=2.2+5.46=7.66
よって、7.7%

解答解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...