(個人資産)2級FP 2017年9月 問3

《設 例》
会社員のAさん(59歳)は、妻Bさん(54歳)との2人暮らしである。Aさんは、大学卒業後から現在に至るまでX社に勤務している。Aさんは、平成29年11月にX社を満60歳で定年退職する予定であり、その後は再就職等はせずに自らの趣味を楽しみながら生活したいと考えている。そこで、Aさんは、退職後の社会保険について知りたいと考え、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。
Aさんおよび妻Bさんに関する資料は、以下のとおりである。
〈Aさんおよび妻Bさんに関する資料〉
(1) Aさん(会社員)
生年月日:昭和32年11月26日
厚生年金保険、全国健康保険協会管掌健康保険、雇用保険に加入している。
〔公的年金の加入歴(見込みを含む)〕

(2) 妻Bさん(専業主婦)
生年月日:昭和38年6月17日
高校卒業後から26歳でAさんと結婚するまでは厚生年金保険に加入していた。
結婚後はAさんの被扶養配偶者として国民年金に加入している。また、Aさんが加入している健康保険の被扶養者である。
※妻Bさんは、現在および将来においても、Aさんと同居し、生計維持関係にあるものとする。
※Aさんおよび妻Bさんは、現在および将来においても、公的年金制度における障害等級に該当する障害の状態にないものとする。
※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問3
Aさんは、X社から支給される予定の退職金のうち、2,000万円を活用して老後資金を準備したいと考えている。そこで、Mさんは、諸係数早見表を用いてシミュレーションを行った。下記の係数を用いて、次の空欄①、②に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、答はそれぞれ万円未満を四捨五入して万円単位とし、税金や手数料等は考慮しないものとする。また、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

1. 元金2,000万円を、利率(年率)2%で5年間複利運用する場合、5年後の元利合計金額はいくらか。
2,000万円×□□□=□□□円 ⇒ ( ① )万円
2.上記1で求めた金額(万円未満を四捨五入した後の金額)を、利率(年率)1%で複利運用しながら、15年間にわたって毎年一定額を取り崩す場合、毎年の取崩し金額(上限)はいくらか。
( ① )万円×□□□=□□□円 ⇒ ( ② )万円

[解答]① 2,208(万円) ② 159(万円)
[解説]
① 2,000万円×1.1041≒2,208万円
※終価係数を使う。
② 2,208万円×0.0721≒159万円
※資本回収係数を使う。
6つの係数は、どの係数を使うかがポイントとなる。確実に覚えている人はいいが、覚えていない人は次の点をおさえておこう。
まず、問題文からどの程度の金額になるか想定できる。たとえば「2」の問題の場合、2,208万円よりかなり小さい金額になることが分かるだろう。すると係数としては資本回収係数か減算基金係数のどちらかに絞り込める。係数の問題は、最後の二択まで絞り込むのが簡単で、終価係数と現価係数、年金終価係数と年金現価係数、そして資本回収係数と減算基金係数である。
ここからは私自身が試験で使用していたオリジナルの覚え方なので、あくまでも補助的に使用することを勧めるが、「2」は「2,208万円⇒将来の金額」と将来の金額を求める。問題文を、「現在(又は現在寄り)」を求めるか、「将来」を求めるか分ける。将来の金額を求める場合、将来の「し」が付いている、終(し)価係数、年金終(し)価係数、資(し)本回収係数を使う。文章だと説明しにくいが、二択に絞り込んだあと、字面で最後の一つにたどり着く。ちなみに、現在(げ)は、現(げ)価係数、年金現(げ)価係数、減(げ)算基金係数である。ちょっと練習してもらえると理解できるだろう。伝えたいことは、覚えられない箇所はいくら時間をかけても覚えられず、覚えたとしても忘れやすいので、工夫をしよう、ということ。

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...