(個人資産)2級FP 2018年1月 問3

《設 例》
会社員のAさん(55歳)は、妻Bさん(53歳)および長男Cさん(26歳)との3人暮らしである。Aさんは、高校卒業後から現在に至るまでX社に勤務している。先日、友人が急逝したことから、Aさんは自身が死亡した場合の家族の生活などについて考えるようになった。そこで、Aさんは、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。
Aさんおよびその家族に関する資料は、以下のとおりである。
〈Aさんおよびその家族に関する資料〉
(1) Aさん(会社員)
生年月日:昭和37年7月2日
厚生年金保険、全国健康保険協会管掌健康保険、雇用保険に加入している。
〔公的年金の加入歴〕

(2) 妻Bさん(専業主婦)
生年月日:昭和39年2月18日
高校卒業後から25歳でAさんと結婚するまでは厚生年金保険に加入していた。
結婚後はAさんの被扶養配偶者として国民年金に加入している。また、Aさんが加入している健康保険の被扶養者である。
(3) 長男Cさん(会社員)
生年月日:平成3年5月25日
厚生年金保険、全国健康保険協会管掌健康保険、雇用保険に加入している。
※妻Bさんは、現在および将来においても、Aさんと同居し、生計維持関係にあるものとする。
※妻Bさんおよび長男Cさんは、現在および将来においても、公的年金制度における障害等級に該当する障害の状態にないものとする。
※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問3 Aさんが現時点(平成30年1月28日)で死亡し、妻Bさんが遺族厚生年金の受給権を取得した場合、受給権取得時における妻Bさんの遺族厚生年金の年金額(平成29年度価額)を計算した次の〈計算の手順〉の空欄①に入る適切な数値を解答用紙の「 1/3,2/3,3/4,4/5」から選び、空欄②に入る適切な語句を解答用紙の「される/されない」のいずれかから選び、それぞれマルで囲みなさい。また、空欄③に入る適切な数値を解答用紙に記入しなさい。計算にあたっては、《設例》および下記の〈資料〉を利用すること。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」「△」「□」で示してある。

〈計算の手順〉
1.基本額(円未満四捨五入)
(a+b)×( ① )=□□□円
(①に入る適切な数値を、解答用紙の「1/3,2/3,3/4,4/5」から選びマルで囲むこと)
2.中高齢寡婦加算額(解答用紙の「される/されない」のいずれかをマルで囲むこと)
妻Bさんの場合、中高齢寡婦加算額は加算( ② )。
3.遺族厚生年金の年金額
( ③ )円

[解答]① 3/4 ② される ③ 1,298,766(円)
[配点(予想)]① 1 ② 1 ③ 2
[難易度]① A ② B ③ B
[解説]
① 遺族厚生年金は、Aさんが受け取れるはずだった報酬比例部分の4分の3である。必ず覚えておきたい数値である。2/3や4/5と勘違いしそうな人は、75%と覚えておくのも一つである。
② 中高齢寡婦加算の要件についての問題である。まず「中高齢」(高齢ではない)という名称から65歳前までの加算であること、要件を満たせば経過的寡婦加算に引き継ぐことをおさえておく。また遺族基礎年金との流れで覚えておくと忘れにくい。遺族基礎年金は、子どものいない妻や子が18歳(18歳到達年度の3月末日まで)または20歳(1級・2級の障害者)以上の妻には支給されない。夫の死亡時に子のいない妻の収入が減ることを防ぐための加算給付である。妻が40歳未満の場合や、遺族基礎年金を受給していると受け取れない。具体的には、「夫が死亡したときに40歳以上で子のない妻」または、「夫の死亡後40歳に達した当時、子がいたが遺族基礎年金を受け取れなくなった妻」が対象である。なお、試験では複数の要件を同時に問うことは少ないが、夫は老齢厚生年金の受給資格期間25年以上の長期要件に該当するし、厚生年金保険の被保険者期間が20年以上が要件になることを確認しておく。次の得点にも影響するため、年金の支給要件は頭に入れておきたい。
③ 「資料」の式にあてはめていけばよい。
a 300,000円×7.125/1,000×264月=564,300円
b 400,000円×5.481/1,000×177月=388,054.8円 ∴388,055円
(564,300円+388,055円)×3/4+584,500円=1,298,766.25円 ∴1,298,766円
※端数処理:1円未満四捨五入

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...