(個人資産)2級FP 2018年5月 問4

《設 例》
Aさんは、これまで投資信託(特定口座の源泉徴収選択口座内にて取引)により資産を運用してきたが、上場株式による資産運用にも興味を持ち、同業種で同規模のX社またはY社の株式(以下、それぞれ「X社株式」「Y社株式」という)のいずれかの購入を検討している。
そこで、Aさんは、株式投資について、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。

問4

Mさんは、Aさんに対して、株式取引の仕組み等について説明した。Mさんの説明に関する次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

  1. 「代表的な株価指標のうち、日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部と市場第二部に上場している銘柄のうち代表的な225銘柄を対象とした修正平均型の株価指標です」

    [解答解説] ×

  2. 「上場株式の注文方法のうち、指値注文では、高い値段の買い注文が低い値段の買い注文に優先し、原則として、同じ値段の注文については、先に出された注文が後に出された注文に優先して売買が成立します」

    [解答解説] 〇

  3. 「上場株式を証券取引所の普通取引で売買したときの受渡しは、原則として、約定日(売買成立日)から起算して3営業日目に行われます」

    [解答解説] ×

[解答]

① × ② 〇 ③ ×

[解説]

① 日経平均株価は東京証券取引所市場第一部のみで、市場第二部は含まれない。
② 指値注文では、高い買値を付けた買い手が優先され、同値の場合は、より早く注文した人から決まる。買い手はできる限り安値で買いたいが、安値が優先されるとおかしいことが分かれば正解できるだろう。
③ 株式の受け渡しは、約定日から4営業日目である。

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...