(個人資産)2級FP 2018年5月 問5

《設 例》
Aさんは、これまで投資信託(特定口座の源泉徴収選択口座内にて取引)により資産を運用してきたが、上場株式による資産運用にも興味を持ち、同業種で同規模のX社またはY社の株式(以下、それぞれ「X社株式」「Y社株式」という)のいずれかの購入を検討している。
そこで、Aさんは、株式投資について、ファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。

問5

Mさんは、Aさんに対して、X社株式およびY社株式の投資指標のデータについて説明した。《設例》に基づき、Mさんが説明した以下の文章の空欄①~④に入る最も適切な語句または数値を下記の〈語句群〉のイ~ヲのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

「株式の代表的な投資指標として、PERとPBRがあります。X社株式の場合、PERは( ① )倍、PBRは( ② )倍と算出されます。この2つの指標からX社とY社の株価を比較すると、( ③ )のほうが割安であるといえます。
また、配当金額から株主への利益還元度合いを測る指標として、配当性向があります。Y社株式の配当性向を算出すると、( ④ )%となります」

[解答]

① ト ② ニ ③ ヲ ④ リ

[解説]

「株式の代表的な投資指標として、PERとPBRがあります。X社株式の場合、PERは( ① 35 )倍、PBRは( ② 1.4 )倍と算出されます。この2つの指標からX社とY社の株価を比較すると、( ③ Y社 )のほうが割安であるといえます。
また、配当金額から株主への利益還元度合いを測る指標として、配当性向があります。Y社株式の配当性向を算出すると、( ④ 50 )%となります」
・X社
 一株当たり当期純利益:80億÷2億=40(円)
 PER:1,400÷40=35(倍)
 一株当たり純資産:2,000億÷2億=1,000(円)
 PBR:1,400÷1,000=1.4(倍)
 配当性向:10÷40✕100=25.0(%)
・Y社
 一株当たり当期純利益:150億÷5億=30(円)
 PER:600÷30=20(倍)
 一株当たり純資産:3,600億÷5億=720(円)
 PBR:720÷600=1.2(倍)
 配当性向:15÷30✕100=50.0(%)
・PERの値が低いほど割安、PBRは1倍を下回るほど、1倍に近いほど割安となる。

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...