(個人資産)2級FP 2019年1月 問1

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問1

Mさんは、Aさんに対して、遺族基礎年金について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。
Ⅰ 「遺族基礎年金を受給することができる遺族の範囲は、死亡した被保険者によって生計を維持されていた『子のある( ① )』または『子』です。『子』とは、18歳到達年度の末日までの間にあるか、( ② )歳未満で障害等級1級または2級に該当する障害の状態にあり、かつ、現に婚姻していない子を指します」
Ⅱ 「子のある( ① )の遺族基礎年金の額(平成30年度価額)は、『779,300円+子の加算』の式により算出され、子の加算は第1子・第2子までは1人につき( ③ )円、第3子以降は1人につき74,800円となります。したがって、仮に、Aさんが現時点(平成31年1月27日)で死亡した場合、妻Bさんが受給することができる遺族基礎年金の額は、年額□□□円となります」

[解答] ① リ ③ イ ③ ニ
[解説]

遺族基礎年金は「子」か「子のある(① 配偶者)」に支給され、子は18歳到達年度の末日までの間の子か(② 20)歳未満の障害等級1級または2級に該当する障害の状態にあり、かつ、現に婚姻していない子を指す。また遺族基礎年金には子の加算があり、第1子・第2子は(③ 224,300)円となっている。

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...