(個人資産)2級FP 2019年1月 問2

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問2
Mさんは、Aさんに対して、遺族厚生年金について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な数値を解答用紙に記入しなさい。なお、年金額は平成30年度価額に基づいて計算し、年金額の端数処理は円未満を四捨五入すること。

Ⅰ 「Aさんが厚生年金保険の被保険者期間中に死亡した場合、遺族厚生年金の額は、Aさんの厚生年金保険の被保険者記録を基礎として計算した老齢厚生年金の報酬比例部分の額の4分の3相当額になります。ただし、その計算の基礎となる被保険者期間の月数が( ① )月に満たないときは、( ① )月とみなして年金額が計算されます。仮に、Aさんが現時点(平成31年1月27日)で死亡した場合、《設例》の<Aさんとその家族に関する資料>および下記<資料>の計算式により、妻Bさんが受給することができる遺族厚生年金の額は、年額( ② )円となります」
Ⅱ 「二男Dさんの18歳到達年度の末日が終了し、妻Bさんの有する遺族基礎年金の受給権が消滅したときは、妻Bさんが( ③ )歳に達するまでの間、妻Bさんに支給される遺族厚生年金の額に中高齢寡婦加算が加算されます」

[解答] ① 300(月) ② 482,588(円) ③ 65(歳)
[解説]

Ⅰ Aさんの厚生年金被保険者期間は(① 300)月未満なので、(① 300)月として計算する。平成15年3月以前は60月(平均標準報酬月額28万円)、平成15年4月以後は189月(平均標準報酬額40万円)で計算し、金額を足したあとに300月として計算し、3/4にする。
・平成15年3月以前
 28万円×7.125/1,000×60=119,700円
・平成15年4月以後
 40万円×5.481/1,000×189=414,363.6円 よって、414,364円
 (119,700円+414,364円)×300/249×3/4=482,587.952円
よって、(② 482,588円)
Ⅱ 中高齢寡婦加算は、遺族基礎年金を受け取っていない、40歳以上(③ 65)歳未満の妻が対象である。

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...