(個人資産)2級FP 2019年1月 問4

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問4
Mさんは、Aさんに対して、X投資信託およびY投資信託の仕組み等について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~④に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~ヌのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

Ⅰ 「 X投資信託は、東証株価指数(TOPIX)と連動する投資成果を目指して運用されるインデックス型の投資信託です。東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式の( ① )銘柄を対象とする株価指数であり、時価総額の( ② )銘柄の値動きの影響を受けやすいという特徴があります」
Ⅱ 「X投資信託は購入時手数料を徴収しないノーロード型の投資信託ですが、Y投資信託は3.24%(税込)の購入時手数料が必要です。運用管理費用(信託報酬)は、投資信託を保有している期間、投資家が( ③ )負担する費用です。アクティブ運用を行う投資信託は、一般に、運用管理費用(信託報酬)がインデックス型の投資信託に比べて高いという特徴があります。信託財産留保額は、通常、投資信託を( ④ )する際に控除される費用であり、その額は信託財産に留保されます」

[解答] ① ハ ② ホ ③ ト ④ ヌ
[解説]

Ⅰ 東証株価指数(TOPIX)は、東証1部に上場されている(① 全)銘柄の時価総額を指数化したもので、時価総額の(② 大きい)銘柄(大型株)の影響を受けやすい。なお、日経平均株価と混合しないようにしなければならないが、日経平均株価は東証1部に上場されている銘柄のうち代表的な225銘柄の株価を平均したもので、株価が高い銘柄(値がさ株)の影響を受けやすい。
Ⅱ 運用管理費用(信託報酬)は、投資信託を保有している間にかかる費用で、投資家が(③ 間接的に)負担する。また信託財産留保額は、投資信託を(④ 換金)する際に控除される費用である。

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...