2級FP過去問解説(資産設計)2020年1月【問8】

問8

大久保さんは、FPの沼田さんに不動産取引に係る消費税について質問をした。下記の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

大久保さん:「土地を買って自宅を建てようと考えています。消費税について教えてください。」
沼田さん :「個人が土地を購入して自宅を建築する場合、( ア )に対して消費税がかかります。」
大久保さん:「現在は賃貸アパートに住んでいますが、家賃に消費税はかかっていますか。」
沼田さん :「個人が居住用として借りているアパートの家賃には、原則として、消費税が( イ )。」
大久保さん:「住宅ローンの利用に当たって、消費税がかかるものはありますか。」
沼田さん :「例えば( ウ )に対して、消費税がかかります。」

  1. (ア)建物の建築代金 (イ)かかりません (ウ)融資事務手数料
  2. (ア)建物の建築代金 (イ)かかります  (ウ)保証料
  3. (ア)土地の購入代金 (イ)かかります  (ウ)融資事務手数料
  4. (ア)土地の購入代金 (イ)かかりません (ウ)保証料

[正解]  (適切)

[解説]

消費税の課税対象についての問題である。タックスや不動産の分野にも関係の深い問題となっている。

不動産取引において、建物の建築代金は消費税の課税対象だが、土地の購入代金は課税対象外である。事務手数料は消費税の課税取引に該当するが、保証料は「預貯金の利子及び保険料を対価とする役務の提供等」であり、預貯金や貸付金の利子、信用保証料、合同運用信託や公社債投資信託の信託報酬、保険料、保険料に類する共済掛金などと同様、非課税取引になる。

一方、居住用建物の家賃については消費税の課税対象外である。

[要点のまとめ]

<消費税の非課税取引>
土地の譲渡や貸付(1ヶ月未満の貸付等を除く)
住宅の貸付(1ヶ月未満の貸付を除く)
 ※住宅の譲渡は消費税の課税取引である。
・株式等の譲渡
・利子を対価とする金銭の貸付


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...