2級FP過去問解説(個人資産)2021年1月 《問10》

【第4問】 次の設例に基づいて、下記の各問(《問10》~《問12》)に答えなさい。


 Aさん(55歳)は、自動車メーカーに勤務する会社員である。2020年10月、M市内の実家(甲土地および建物)で1人暮らしをしていた母親が死亡した。法定相続人は、1人息子のAさんのみであり、相続に係る申告・納税等の手続は完了している。
 甲土地(地積:300㎡)は、最寄駅から徒歩5分に位置し、準住居地域に指定されている。周辺では宅地開発が進んでおり、築50年を超える実家の建物は、周りの建物に比べると、いかにも場違いな存在となっている。
 Aさんは、他県に所有する持家に妻と子の3人で暮らしており、実家の売却を検討している。他方、先日、大手ドラッグストアのX社から「甲土地での新規出店を考えています。弊社との間で事業用定期借地権の契約を締結してもらえないでしょうか」との提案があり、Aさんは甲土地の有効活用にも興味を抱くようになった。

  • ・指定建蔽率および指定容積率とは、それぞれ都市計画において定められた数値である。
  • ・特定行政庁が都道府県都市計画審議会の議を経て指定する区域ではない。
  •   

  • ※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

《問10》

甲土地上に耐火建築物を建築する場合における次の①、②を求め、解答用紙に記入しなさい(計算過程の記載は不要)。

 ① 建蔽率の上限となる建築面積
 ② 容積率の上限となる延べ面積



[正解]
 210(㎥) ② 600(㎥)

[解説]

1.建蔽率の上限となる建築面積
・まず、建蔽率の緩和措置がある。
 準防火地域内の耐火建築物 +10% ⇒該当
 特定行政庁が指定する角地 +10% ⇒非該当
 建ぺい率80%の防火地域内で耐火建築物 100% ⇒非該当
 よって、建蔽率は70%となる。
・建蔽率の上限となる建築面積
 300㎡ × 70% = 210㎡
2.容積率の上限となる延べ面積
・容積率は、前面道路の幅員による容積率の制限がある。
 甲土地は住居系なので、乗数は4/10となる(数値は与えれている)。
 8m × 4/10 = 320%、値の小さい方が容積率となる。
 よって、容積率は200%となる。
・300㎡ × 200% = 600㎡

[要点のまとめ]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました