(個人資産)2級FP 2018年9月 問5

問5

Mさんは、Aさんに対して、X社株式の購入について説明した。Mさんが説明した次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① 「PERは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す指標です。一般に、PERが低い銘柄ほど株価は割高とされ、今後の成長性が期待できます。PERの水準は、業種や会社の規模等によって異なりますので、同業他社との比較指標として利用し、今後の株価の動向を予測するうえでの参考としてください」
② 「仮に、Aさんが特定口座(源泉徴収あり)においてX社株式を株価3,300円で500株購入し、同年中に株価3,600円で全株売却した場合、手数料等を考慮しなければ、売却益15万円に対して10.21%相当額が源泉徴収等されます」
③ 「X社株式の配当および株主優待を受け取るためには、権利付き最終日までにX社株式を購入しておく必要があります。X社株式の権利付き最終日は、権利確定日の前日である平成31年2月27日(水)になります」

[解答]① × ② × ③ ×
[解説]

① PERは、Price Earning Ratioの略で、株価が1株当たりの当期純利益の何倍かを示す。「株価÷1株当たりの当期純利益」で求めるため、PERが低いと、株価は割安となり、今後の成長性が期待できる。
② 上場株式の譲渡益は、20.315%の税率である。
③ 株式は購入してから受け渡しまで約定日を含めて4営業日目となる。25日(月)に購入しなければ間に合わない。

解答解説[表示]

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました