(個人資産)2級FP 2018年9月 問9

問9

Aさんの平成30年分の所得税の算出税額を計算した下記の表の空欄①~③に入る最も適切な数値を求めなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

[解答]

① 6,500,000(円) ② 630,000(円) ③ 252,500(円)

[解説]

(①) 総所得金額
一見すると、(b)の所得控除の額の合計額が出ているため、逆算で求める可能性を考える。ただ社会保険料控除の額が分からないため、資料から総所得金額を求めると判断する。
収入は(1)~(3)あり、不動産所得の損失は損益通算できるが、土地等の取得に係る負債の利子20万円は対象がとなる。
不動産所得 ▲130万円
また、一時所得は、一時払い保険料が解約返戻金額より多いため、損失となるが、一時所得の損失は損益通算できないため、損失はなかったものとなる。
よって、(2)の不動産所得の損失を(1)の給与所得と損益通算することになる。
・給与所得控除額 220万円
 1,000万円-220万円=780万円・・・給与所得
・780万円-130万円=650万円・・・①
(②) 扶養控除
扶養控除は、長男Cさんと二男Dさんについて検討する。
・長男Cさん(20歳):19歳以上23歳未満で、収入はないため、特定扶養親族に該当し、控除額は63万円
・二男Dさん(14歳):15歳以下なので、扶養控除なし
よって、扶養控除額は63万円・・・②
(③) 所得税額
・課税総所得金額:650万円-310万円=340万円
・算出税額 340万円×20%-42万7,500円=25万2,500円・・・③

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...