(個人資産)2級FP 2018年9月 問11

11

甲土地に適用される建築基準法の規定に関する次の記述①~③について、適切なものには○印を、不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。
① 「甲土地に建築物を建築する場合、用途地域による建築物の制限については、その敷地の全部について、近隣商業地域の建築物の用途に関する規定が適用されます」
② 「甲土地に建築物を建築する場合、10mまたは12mの絶対高さ制限が適用されます」
③ 「甲土地に建築物を建築する場合、北側斜線制限および隣地斜線制限は適用されますが、道路斜線制限の適用はありません」

[解答]

① 〇 ② × ③ ×

[解説]

① 用途地域は、過半に属する地域の規定に従うため、近隣商業地域の建築物の用途に関する規定が適用される。
② 高さ制限は、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、田園住居地域で適用されるため、近隣商業地域では適用されない。
③ 近隣商業地域では道路斜線制限および隣地斜線制限は適用されるが、北側斜線制限の適用はされない。

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...