(個人資産)2級FP 2018年9月 問15

問15
相続人は《設例》の記載のとおり、相続財産を取得した。Aさんの相続に係る相続税の総額を計算した下記の表の空欄①~④に入る最も適切な数値を求めなさい。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。

[解答]

① 9,000(万円) ② 5,400(万円) ③ 1,595(万円) ④ 7,145(万円)

[解説]

1.各相続人の課税価格
死亡保険金と死亡退職金は、「500万円×法定相続人の数」の非課税枠がある。
非課税枠:500万円×4=2,000万円
・死亡保険金:2,000万円-2,000万円=0(円)
・死亡退職金:5,000万円-2,000万円=3,000万円
次に各相続人の課税価格を求める。
・妻Bさん:9,000万円・・・①
・長男Cさん:2億3,000万円
・孫Eさん、孫Fさん:各2,000万円
・相続税の課税価格の合計額::3億6,000万円
2.課税遺産総額
基礎控除額:3,000万円+600万円×4=5,400万円・・・②
課税遺産総額:3億600万円
3.相続税の総額
・妻Bさん:法定相続分1/2
 3億600万円×1/2=1億5,300万円
 1億5,300万円✕40%-1,700万円=4,420万円
・長男Cさん:法定相続分1/4
 3億600万円×1/4=7,650万円
 7,650万円✕30%-700万円=1,595万円・・・③
・孫Eさん、孫Fさん:法定相続分1/8
 3億600万円×1/8=3,825万円
 3,825万円×20%-200万円=565万円
・相続税の総額
 4,420万円+1,595万円+565万円✕2=7,145(万円)

解答解説[表示]


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...