2級FP 2018年5月 問題7

問題 7
確定拠出年金に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 企業の従業員である個人型年金加入者(第2号加入者)は、原則として、その者に支払われる給与からの天引きにより事業主経由で掛金を納付することができる。

    [解答解説] ○
    適切である。

  2. 個人型年金の加入者が、国民年金の第3号被保険者である場合、掛金の拠出限度額は年額816,000円である。

    [解答解説] ×
    不適切である。

  3. 一時金で受け取る老齢給付金は、退職所得として所得税の課税対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。

  4. 確定拠出年金の通算加入者等期間が10年以上である場合、老齢給付金は原則として60歳から受給することができる。

    [解答解説] ○
    適切である。

[解答] 2
[補足]

解答解説[表示]