2級FP 2018年5月 問題10

問題 10
貸借対照表に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「有形固定資産」には、土地や建物、機械設備が計上されており、いずれも一定の耐用年数に基づき減価償却が行われる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

  2. 「無形固定資産」には、特許権やソフトウエアが計上されており、いずれも一定の耐用年数に基づき減価償却が行われる。

    [解答解説] ×
    不適切である。

  3. 「投資その他の資産」には、長期貸付金や出資金などが計上されている。

    [解答解説] ○
    適切である。

  4. 「流動負債」には、買掛金や短期借入金などが計上されている。

    [解答解説] ×
    不適切である。

[解答] 1
[補足]

解答解説[表示]