広告

2級FP 2018年5月 問題11

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 11
保険法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 保険法では、保険金等の支払時期に関する規定が設けられており、同法の施行日後に締結された保険契約に限って適用される。

    [解答解説] ×
    不適切である。同法の施行日「前」に締結された保険契約にも適用される。保健法は保険契約に関する一般的なルールを定めた法律である。保険会社は、保険金等の支払いに際して事実関係を調査しなければならないが、必要以上に遅れた場合は保険会社に責任があると明記されている。改正保険法は2010年4月1日に施行されたが、保険金等の支払時期、介入権(差押などによる保険契約の継続)、重大自由による解除は施行日前に締結された保険契約にも適用される。

  2. 保険法では、告知義務に関して、同法の規定よりも保険契約者、被保険者にとって不利な内容である約款の定めは、適用除外となる一部の保険契約を除き、無効となる旨が定められている。

    [解答解説] ○
    適切である。保険法第7条に「第四条の規定に反する特約で保険契約者又は被保険者に不利なもの及び第五条第二項の規定に反する特約で保険契約者に不利なものは、無効とする」と規定されており、第4条は告知義務に関する規定である。

  3. 保険法は、保険契約と同等の内容を有する共済契約についても適用対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。保険法は共済契約も適用対象となる。なお、保険契約者の保護や保険募集の公正を図る目的である保険業法では、共済は適用対象外となる。たとえば県民共済は消費生活協同組合法を根拠法としているなど、監督官庁のもと、根拠法により運営されている。

  4. 保険契約者と被保険者が異なる死亡保険契約は、その加入に当たって、被保険者の同意が必要である。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、保険契約者と被保険者が異なる死亡保険契約は、その加入に当たって、被保険者の同意が必要である。たとえば夫婦ともに死亡保険に加入する場合、どちらか一方が相手の保険料を負担することがある。夫婦であっても、保険契約者と被保険者が異なる場合は、被保険者の同意が必要となり、契約書に署名しなければならない。

[解答] 1
[補足]
[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

広告