広告

2級FP 2018年5月 問題18

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 18
第三分野の保険の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 医療保険(更新型)は、所定の年齢の範囲内であれば、保険期間中に入院給付金を受け取っていても、契約を更新できる。

    [解答解説] ○
    適切である。入院給付金を一度でも受け取ると契約が消滅するわけではない。更新型なので更新時の年齢や保険料率で保険料は再計算されるが、入院給付金を受け取っていても更新できる。

  2. ガン保険は、保障開始後は入院給付金の支払日数には限度がないが、手術給付金の支払回数には限度がある。

    [解答解説] ×
    不適切である。ガン保険では入院給付金の支払日数と手術給付金の支払回数ともに制限はない。

  3. 介護保障保険は、寝たきりや認知症によって所定の要介護状態となりその状態が一定期間継続した場合のほか、公的介護保険の要介護認定に連動して一時金や年金が支払われるものがある。

    [解答解説] ○
    適切である。介護保障保険には公的介護保険の要介護認定に連動する保険や保険会社独自の基準で給付する保険がある。

  4. 所得補償保険では、ケガや病気によって就業不能となった場合、入院中だけでなく医師の指示による自宅療養中も補償の対象となる。

    [解答解説] ○
    適切である。所得補償保険は、就業不能のときに保険金を受け取れる保険で、入院中や自宅療養中も補償の対象となる。

[解答] 2
[補足]
[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

広告