広告

2級FP 2018年5月 問題23

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 23
固定利付債券(個人向け国債を除く)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 市場金利の上昇は債券価格の上昇要因となり、市場金利の低下は債券価格の下落要因となる。

    [解答解説] ×
    不適切である。金利と債券価格は逆の動きをする。市場金利が上昇すればこれまで発行された表面利率の低い債券は売られ、価格が下がる。また市場金利が下落すれば、これまで発行された表面利率の高い債券は買われ、価格は上昇する。

  2. 国内景気が好況期で国内物価が継続的に上昇傾向にある局面では、債券価格は上昇する傾向がある。

    [解答解説] ×
    不適切である。国内物価が上昇傾向だと金利も上昇傾向にあり、債券価格は下落する。

  3. 債券を償還日の直前に売却した場合、売却価格が額面価格を下回ることはない。

    [解答解説] ×
    不適切である。償還日前に売却すれば、売却価格が額面価格を下回る可能性がある。

  4. 債券の発行体の財務状況の悪化や経営不振などにより、償還や利払い等が履行されない可能性が高まると、当該債券の市場価格は下落する傾向がある。

    [解答解説] ○
    適切である。債券の発行体の財務状況の悪化や経営不振などにより、償還や利払い等が履行されない可能性が高まる状態を信用リスクが高いという。信用リスクの高い債券は債券価格が下がらないと買い手がつかず、また金利が上がらないと魅力がない。

[解答] 4
[補足]
[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

広告