広告

2級FP 2018年5月 問題24

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 24
株式市場の各種指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

  1. 東証株価指数(TOPIX)は、東京証券取引所市場第一部と市場第二部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。

    [解答解説] ×
    不適切である。東証株価指数(TOPIX)は、東証1部に上場されている全銘柄の時価総額を指数化したものである。

  2. 日経平均株価は、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。

    [解答解説] ×
    不適切である。日経平均株価は、東証一部に上場されている銘柄のうち、代表的な225銘柄の株価を平均したものである。

  3. 東証マザーズ指数は、東京証券取引所のマザーズとJASDAQに上場している内国普通株式全銘柄を対象として算出される。

    [解答解説] ×
    不適切である。東証マザーズ指数は、マザーズに上場する全銘柄を加重平均したものである。

  4. JPX日経インデックス400は、東京証券取引所の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする普通株式の中から、ROEや営業利益等の指標等により選定された400銘柄を対象として算出される。

    [解答解説] ○
    適切である。JPX日経インデックス400は、東証1部、2部、マザーズ、ジャスダックから投資家にとって魅力のある会社400銘柄で構成される指標である。

[解答] 4
[補足]
[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

広告