広告

2級FP 2018年5月 問題25

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 25
株式の投資指標に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. PERは、株価が1株当たり当期純利益の何倍であるかを示す投資指標である。

    [解答解説] ○
    適切である。PER(株価収益率)は、株価÷1株あたり純利益で求め、値が低い銘柄は割安と判断される。

  2. PBRは、株価が1株当たり純資産の何倍であるかを示す投資指標であり、これが1倍を下回ると、理論上、株価は解散価値を下回っていることを示す。

    [解答解説] ○
    適切である。PBR(株価純資産倍率)は株価÷1株当たり純資産で求め、1倍を下回る、1倍に近い銘柄は割安と判断される。

  3. ROEは、自己資本に対する当期純利益の割合を示す投資指標であり、これが低いほど、会社が自己資本を活用して効率よく利益を上げていることを示す。

    [解答解説] ×
    適切である。ROE(自己資本利益率)は税引後当期純利益÷自己資本×100で求め、値が高いほど、自己資本を効率よく活用していると判断される。

  4. 配当性向は、当期純利益に対する年間配当金の割合を示す投資指標であり、これが高いほど、株主への利益の還元率が高いことを示す。

    [解答解説] ○
    適切である。配当性向は、配当金総額÷税引後当期純利益×100で求め、利益のうちどの程度株主に還元したかを表し、高いほどよい。

[解答] 3
[補足]
[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

広告