広告

2級FP 2018年5月 問題29

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 29
ジュニアNISA(未成年者少額投資非課税制度)に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。なお、本問においては、ジュニアNISAにより投資収益が非課税となる口座をジュニアNISA口座という。

  1. ジュニアNISA口座の年間投資上限金額は、80万円である。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、ジュニアNISA口座の年間投資上限金額は、80万円である。

  2. ジュニアNISA口座では、その年の非課税枠の未使用分については、翌年以降に繰り越すことができる。

    [解答解説] ×
    不適切である。非課税枠の未使用分については、翌年以降に繰り越すことはできない。なお、一般のNISA、つみたてNISAも繰り越すことはできない。

  3. ジュニアNISA口座で保有する上場株式の配当金を非課税扱いにするためには、配当金の受取方法として株式数比例配分方式を選択しなければならない。

    [解答解説] ○
    適切である。株式数比例配分方式は、すべての国内上場株式の配当金を取引口座で受け取れる方法で、複数の証券口座で受け取る場合は株数の割合で配当金が支払われる。配当金の受け取り方法には他に、登録配当金受領口座方式、個別銘柄指定方式、配当金領収証方式があるが、非課税扱いにするためには、株式数比例配分方式を選択しなければならない。

  4. ジュニアNISA口座では、口座開設者が3月31日において18歳である年の前年12月31日まで、払出し制限がある。

    [解答解説] ○
    適切である。問題文のとおり、ジュニアNISA口座では、口座開設者が3月31日において18歳である年の前年12月31日まで、払出し制限がある。ジュニアNISA口座は子や孫の将来に向けた長期投資を支援するのが目的であることから、親などが自由に引き出せないような設計となっている。

[解答] 2
[補足]
[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

広告