広告

2級FP 2018年5月 問題33

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

問題 33
Aさんの平成29年分の所得の金額が下記のとおりであった場合の所得税における総所得金額として、最も適切なものはどれか。なお、▲が付された所得の金額は、その所得に損失が発生していることを意味するものとする。

  1. 355万円

    [解答解説] ×
    不適切である。

  2. 375万円

    [解答解説] ○
    適切である。

  3. 380万円

    [解答解説] ×
    不適切である。

  4. 400万円

    [解答解説] ×
    不適切である。

[解答] 2
[解説]

総所得金額を求めるため、総合課税の所得を選び、合計する。
・不動産所得の金額 500万円
 総合課税なので、総所得金額に含める。
・事業所得の金額 ▲150万円
 総合課税なので、総所得金額に含めるが、損益通算できるため、不動産所得と合計する。
・雑所得の金額
 総合課税なので、総所得金額に含めるが、損益通算できないため、損失はなかったものとなる。
・一時所得の金額
 総合課税なので、総所得金額に含めるが、その際に1/2する。
・事業所得の損失と不動産所得を損益通算する。
 500万円-150万円=350万円
・一時所得を1/2した金額と合計する
 350万円+50万円×1/2=375万円
なお、一時所得は50万円控除したあとの金額で、また1/2することを忘れないこと。

[類問]

[結果]

2018年5月合格率
・学科 42.93%(協会)/28.24%(きんざい)
・資産設計 51.68%  ・個人資産 23.87%
・保険顧客 45.47%  ・中小企業 -%

解答解説[表示]

広告