(生保顧客)2級FP 2014年9月 問6

問 6
Mさんは,Aさんに対して,下記の<資料>の諸係数早見表を用いて,教育資金準備のシミュレーションを行った。下記の<資料>にある係数のうち,いずれかの数値を用いて,次の①,②を求めなさい。なお,〈答〉は円単位とし,端数が生じる場合は,それぞれ円未満を四捨五入し,税金や手数料等は考慮しないものとする。
WS000160
① Aさんは,第1子の大学4年間の教育資金として,毎年150万円の資金を準備する必要があると考えている。18年後の48歳から4年間,年利1.0%で複利運用しながら毎年150万円の教育資金を受け取る場合,48歳時に必要となる原資はいくらか。
② Aさんの48歳時に,上記①の原資を確保することを目標として,今後18年間にわたって,年利1.0%で複利運用しながら教育資金を毎年積み立てるとした場合,必要となる毎年の積立額はいくらか。

[解答] ① 5,853,000(円) ② 298,503(円)
[補足]

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...