(生保顧客)2級FP 2015年1月 問12

問 12
WS000150
Aさんの平成26年分の所得税の申告納税額を計算した下記の表の空欄①~④に入る最も適切な数値を求めなさい。なお,問題の性質上,明らかにできない部分は「□□□」で示してある。
WS000152

[解答]  ① 10,380,000(円) ② 99,000(円) ③ 380,000(円) ④ 1,245,170(円)
[補足]

解答解説

≪問11  問13≫

2015年1月 2級FP解答解説一覧

コメント

  1. 住みれ より:

    ③(基礎控除)の解答が380,000円とのことですが
    よく解りません。
    解説をいただければ幸いでございます。
    宜しくお願い致します。

    • FP試験研究所 より:

      ご質問ありがとうございます。

      ③の基礎控除ですが、暗記しておく金額です。
      源泉徴収票には記載されていない金額あり、基礎控除はその代表例です。
      基礎控除は必ず控除されるため、記載されていないと考えられます。
      扶養控除などは、「〇」や「1」などから金額を考えることになります(出題されるかどうかは別ですが)。
      ちなみに、現在の源泉徴収票は大判になっており、見た目も違いますので、なるべく新しい問題で解くことをお勧めします。

      • 住みれ より:

        ご返信ありがとうございます。
        380,000円の基礎控除の件ですが
        源泉徴収票では、控除対象扶養親族の数→その他1人
        と記載されてますが
        その他1人とは、母Cさん(68歳)の事でしょうか?
        母Cさんに対して基礎控除380,000円が発生するとの認識で間違いないでしょうか?

        • FP試験研究所 より:

          控除対象扶養親族の数「1」は母Cさんですが、基礎控除はAさんの所得に対して控除されます。

          この源泉徴収票はAさんの収入に対するものですので、母Cさんの所得や控除については一切記載されていません。

  2. 住みれ より:

    解りました。遅い時間にありがとうございましした。

    • FP試験研究所 より:

      生保の解説は更新しておらず、メンテナンスも不足しておりますので、十分気を付けてご利用ください。

      ご不明な点がございましたら、またコメントいただければ回答させていただきます。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました