(生保顧客)2級FP 2016年5月 問13

問 13

WS000385
現時点(平成28年5月22日)において、Aさんに相続が開始した場合における相続税の総額を試算した下記の表の空欄①~③に入る最も適切な数値を求めなさい。なお、相続税の課税価格の合計額は3億5,000万円とし、問題の性質上、明らかにできない部分は「□□□」で示してある。また、Aさんの相続に係る法定相続人は、妻Bさんおよび長男Cさんの2人である。
WS000386

[解答] ① 4,200(万円) ② 4,460(万円) ③ 8,920(万円)
[解説]
遺産に係る基礎控除額は「3,000万円+600万円×法定相続人の数」である。
3,000万円+600万円×2=4,200万円・・・遺産に係る基礎控除額(①)
3億5,000万円-4,200万円=3億800万円・・・課税遺産総額
相続税の総額を求めるには、法定相続分を相続したものとして計算する。
妻Bさん 法定相続分1/2 3億800万円×1/2=15,400万円
     15,400万円×0.4-1,700万円=4,460万円
長男Cさん 妻Bさんと同じ法定相続分なので、4,460万円
よって,4,460万円×2=8,920万円

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...