(生保顧客)2級FP 2017年5月 問4

《設 例》
大手メーカーに勤務しているAさん(39歳)は、専業主婦の妻Bさん(36歳)および長女Cさん(7歳)の3人家族である。Aさんは、先日、生命保険会社の営業担当者であるファイナンシャル・プランナーのMさんから生命保険の見直しを勧められた。
Aさんが現在加入している生命保険は、結婚前に加入したもので、これまで何度か見直しの提案を受けたが、タイミングが合わず、加入当時の保障内容が続いている。
Aさんが提案を受けている生命保険に関する資料等は、以下のとおりである。
<提案を受けている生命保険に関する資料>
保険の種類:5年ごと配当付終身保険(65歳払込満了)
月払保険料(集団扱い):17,884円
契約者(=保険料負担者)・被保険者:Aさん/死亡保険金受取人:妻Bさん

※そのほかに、リビング・ニーズ特約、指定代理請求特約を付加している。
(注)最低支払保証期間は5年(最低5回保証)
<現在加入している生命保険に関する資料>
保険の種類:定期保険特約付終身保険(65歳払込満了)
契約年月日:平成14年5月1日/月払保険料(集団扱い):18,420円
契約者(=保険料負担者)・被保険者:Aさん/死亡保険金受取人:妻Bさん

※平成24年5月1日、特約を更新している。
※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問4 はじめに、Mさんは、Aさんに対して、下記の<前提>においてAさんが死亡した場合、妻Bさんが受給することができる公的年金制度からの遺族給付について説明した。Mさんが説明した以下の文章の空欄①~④に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~ヲのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

<前提>
・妻Bさんは、遺族基礎年金および遺族厚生年金の受給権を取得する。
・妻Bさんおよび長女Cさんは、現在および将来においても、公的年金制度におけ
る障害等級に該当する障害の状態にないものとする。
「現時点において、Aさんが死亡した場合、妻Bさんに対して遺族基礎年金および遺族厚生年金が支給されます。遺族基礎年金を受けられる遺族の範囲は、死亡した被保険者によって生計を維持されていた『子のある配偶者』または『子』です。『子』とは、( ① )歳到達年度の末日までの間にあり、かつ、現に婚姻していない子を指します。
妻Bさんが受け取る遺族基礎年金の額は、『子』が1人のため、( ② )円(平成28年度価額)になります。
遺族厚生年金の額は、原則として、Aさんの厚生年金保険の被保険者記録を基礎として計算した老齢厚生年金の報酬比例部分の額の( ③ )相当額になります。また、長女Cさんについて( ① )歳到達年度の末日が終了し、妻Bさんの有する遺族基礎年金の受給権が消滅したときは、妻Bさんが65歳に達するまでの間、妻Bさんに支給される遺族厚生年金の額に( ④ )が加算されます。なお、( ④ )の額は585,100
円(平成28年度価額)になります」

[解答]① ロ ② ホ ③ チ ④ ル
[解説]

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...