(生保顧客)2級FP 2017年5月 問10

《設 例》
会社員のAさんは、妻Bさん、長女Cさん、二女Dさんおよび三女Eさんとの5人家族である。Aさんは、平成28年中に妻Bさんの入院・手術費用として医療費30万円を支払ったため、医療費控除の適用を受けた。
Aさんとその家族に関する資料および平成28年分の収入等に関する資料は、以下のとおりである。
<Aさんとその家族に関する資料>
Aさん (60歳) : 会社員
妻Bさん (53歳) : 専業主婦。平成28年中の収入はない。
長女Cさん(26歳) : 会社員。平成28年分の給与収入は400万円である。
二女Dさん(24歳) : アルバイト。平成28年分の給与収入は160万円である。
三女Eさん(20歳) : 大学生。平成28年中に収入はない。
<Aさんの平成28年分の収入等に関する資料>
(1) 給与収入の金額 : 1,000万円
(2) 養老保険(月払・60歳満期)の満期保険金
契約年月 : 昭和63年6月
契約者(=保険料負担者)・被保険者 : Aさん
死亡保険金受取人 : 妻Bさん
満期保険金額 : 500万円
正味払込済保険料 : 380万円
(3) 一時払養老保険(保険期間10年)の満期保険金
契約年月 : 平成18年6月
契約者(=保険料負担者)・被保険者 : Aさん
死亡保険金受取人 : 妻Bさん
満期保険金額 : 530万円
一時払保険料 : 500万円
※妻Bさん、長女Cさん、二女Dさんおよび三女Eさんは、Aさんと同居し、生計を一にしている。
※Aさんとその家族は、いずれも障害者および特別障害者には該当しない。
※Aさんとその家族の年齢は、いずれも平成28年12月31日現在のものである。
※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問10  所得税の計算における所得控除に関する以下の文章の空欄①~③に入る最も適切な語句または数値を、下記の〈語句群〉のイ~リのなかから選び、その記号を解答用紙に記入しなさい。

所得控除は基礎控除を含め14種類あるが、そのうち雑損控除、医療費控除および( ① )の3種類の所得控除については、年末調整では適用を受けることができないため、これらの控除の適用を受けるためには所得税の確定申告が必要となる。
Aさんの平成28年分の医療費控除額を求める計算式は、下記の<算式>のとおりである。医療費控除は、Aさんのように総所得金額等の合計額が( ② )万円以上である者の場合、その年中に支払った医療費の総額が( ③ )万円を超えていなければ、その適用を受けることはできない。

[解答]① チ ② ニ ③ イ
[解説]

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...