(資産設計)2級FP 2017年5月 問32

改正対応|確認済み(2019.1)|

《設 例》

問32

FPの妹尾さんは、平成28年10月から実施された「短時間労働者に対する社会保険の適用拡大」について花代さんから質問を受け、下表を用いてその要件やメリットなどを説明した。短時間労働者に対する厚生年金保険および健康保険(以下「社会保険」という)の適用に関する下表の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

[解答] (ア)5 (イ)9 (ウ)1
[解説]

平成 28 年 10 月から厚生年金保険・健康保険の適用対象者が拡大となり、週 20時間以上働く短時間労働者で、厚生年金保険の被保険者数が常時 501 人以上の法人・個人・地方公共団体に属する適用事業所および国に属する全ての適用事業所で働く人も厚生年金保険等の適用対象となった。
適用対象者は、勤務時間・勤務日数が、常時雇用者の4分の3未満で、
1 週の所定労働時間が 20 時間以上あること
2 雇用期間が 1年以上見込まれること
3 賃金の月額が 8.8万円以上であること
4 学生でないこと
が短期労働者の4要件として規定されている。

解答解説[表示]