(資産設計)2級FP 2018年1月 問28

《設 例》

問28

FPの阿久津さんは、住宅ローンの見直しについて清治さんから質問を受けた。住宅ローンの見直しに関する阿久津さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「『借換え』をする際には、住宅ローンの借入先の金融機関を変更することになるので、抵当権の抹消や設定費用、事務手数料などの諸費用が必要になります。」

    [解答解説] ○
    借り換えは諸費用がかかるが、諸費用を含めても効果があるときに実行する。

  2. 「『繰上げ返済』を下図の[返済額軽減型]で行うと、繰上げ返済額を元金(a)に充当することによって、対応する利息部分(b)が支払い不要になります。」

    [解答解説] ○
    返済額軽減型は返済額(図の縦)が減少する。減少するのは繰り上げ返済をした元金に対応する利息部分である。

  3. 「『繰上げ返済』を下図の[期間短縮型]で行うと、繰上げ返済額を元金(c)に充当することによって、対応する利息部分(d)が支払い不要になります。」

    [解答解説] ○
    期間短縮型は返済期間(図の横)が短くなる。軽減されるのは繰り上げ返済をした元金に対応する利息部分である。

  4. 「『条件変更』をすると、現在の住宅ローンの借入先の金融機関において、返済期間を延長することで月々の返済額の減額や、一定期間の月々の返済額を利息返済のみにすることができますが、月々の返済額を増額することはできません。」

    [解答解説] ×
    条件変更は、一部繰り上げ返済や金利タイプの変更も含まれるが、返済が厳しくなった時に毎月の返済額を減額してもらうことができ、余裕のある場合は毎月の返済額を増やすこともできる。住宅ローンは長期間に渡り返済することから、返済期間中の経済状況の変化による家計への影響を考え、金融機関に相談することで条件変更しやすくなっている。ただ金融機関により、今まで滞納がないことなど条件があるケースもあり、事前に確認しておく必要がある。

[解答]4
[解説]

解答解説