(資産設計)2級FP 2018年1月 問30

《設 例》

問30

清治さんは、相次ぐ地震の報道を受けて地震保険に関心をもち、FPの阿久津さんに地震保険について質問をした。地震保険に関する阿久津さんの次の説明のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. 「清治さんが自宅建物を保険の対象として火災保険Cに地震保険を付帯する場合、保険金額は500万円から750万円の範囲内になります。」

    [解答解説] ×
    地震保険は、火災保険の30%~50%の範囲内で加入する。火災保険Cの保険金額は1,500万円なので、450万円~750万円の範囲となる。

  2. 「清治さんが火災保険Cを保険期間5年で更新する際に地震保険を付帯する場合、地震保険の保険期間は1年または5年とすることができます。」

    [解答解説] ○
    火災保険が5年以下の一括払いの場合、地震保険は1年自動更新か火災保険と同じ期間(今回は5年)の一括払いとなる。

  3. 「地震保険料は地震保険料控除の対象となり、所得税については5万円を限度として地震保険料の全額が控除対象額になります。」

    [解答解説] ○
    地震保険料控除は支払った全額が控除対象になるが、上限は5万円である。

  4. 「地震保険では、1個または1組の価額が30万円を超える貴金属・書画・骨とう品などは補償の対象外となっています。」

    [解答解説] ○
    火災保険では明記物件としているが、地震保険では対象外である。

[解答]1
[解説]

解答解説