広告

(資産設計)2級FP 2018年1月 問34

改正対応|確認済み(2019.5)|※解説は教材等に使用されるものですので、無断利用はご遠慮ください。

《設 例》

問34
清治さんの兄の卓也さん(48歳)は、これまで25年間勤務してきた会社を退職し、自営業者として飲食店を開業することを考えている。退職後の公的医療保険については健康保険の任意継続被保険者になることを検討しており、FPの阿久津さんに相談をした。全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)における任意継続被保険者に関する阿久津さんの次の説明の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

[解答](ア)2 (イ)4 (ウ)9
[解説]

任意継続被保険者の要件に関する問題である。
健康保険の被保険者であった期間が継続して2か月以上であった人は、被保険者でなくなった日から20日以内に手続きをすれば、2年間、健康保険の被保険者になることができる。健康保険料は在職中は労使折半だが、任意継続被保険者では全額自己負担となる。

解答解説[表示]

広告