(資産設計)2級FP 2018年1月 問40

《設 例》

問40

慎二さんは、老齢年金の受給方法などについて、FPの有馬さんに質問をした。公的年金の受給に関する次の(ア)~(エ)の記述について、正しいものには〇、誤っているものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)老齢年金の請求書は、老齢年金の受給権が発生する者に対し、受給権が発生する年齢に達する月の3ヵ月前に事前送付される。

    [解答解説] ○
    支給開始年齢に達し、老齢年金の受給権が発生する者に対し、支給開始年齢に到達する3か月前に、基礎年金番号、氏名、生年月日、性別、住所および年金加入記録をあらかじめ印字した「年金請求書(事前送付用)」及び年金の請求手続きの案内が送付される。

  2. (イ)年金の請求手続きが遅れた場合、手続き前5年間分の年金はさかのぼって支給されるが、5年を超える分については、原則として、時効により権利が消滅したとして支給されない。

    [解答解説] ○
    年金の請求には5年の時効がある。

  3. (ウ)老齢年金は原則として、受給権が発生した月の当月分から、受給権が消滅した月の前月分まで支給される。

    [解答解説] ×
    受給権が発生した月の翌月分から、受給権が消滅した月の当月分まで支給される。

  4. (エ)年金の支払いは、通常は偶数月の15日(15日が金融機関の休業日に当たる場合は、直前の営業日)にその月の前月分および前々月分の2ヵ月分ずつが支払われる。

    [解答解説] ○
    年金の支払いは2か月に1回で、偶数月に支払われる。

[解答](ア)○ (イ)○ (ウ)× (エ)○
[解説]

解答解説