(資産設計)2級FP 2016年1月 問2

問 2

  1. 金融商品販売業者が、不適切な説明を行ったことにより、消費者が誤認して契約をした場合、その契約は( ア )と定められている。

    [解答解説](ア)取り消すことができる 
    「取り消し」は取り消して初めて無効となるため、取り消さなければ有効となる。「無効」は契約時から無効である。

  2. 消費者契約法における時効の時期については、消費者が誤認等に気付いた時から6ヵ月、もしくは、契約締結の時から( イ )を経過したときと定められている

    [解答解説](イ)5年
    5年である。

[解答] 2
[補足]

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...