(資産設計)2級FP 2016年5月 問8

問 8

建築基準法に従い、下記<資料>の甲土地に建物を建てる場合の建築面積の最高限度として、正しいものはどれか。なお、<資料>に記載のない条件については一切考慮しないこととする。
WS000347

  1. 73.6㎡

    [解答解説] ×

  2. 105.6㎡

    [解答解説] ×

  3. 110.4㎡

    [解答解説] ○

  4. 115.2㎡

    [解答解説] ×

[解答] 3
[解説]
セットバックによr、甲土地側で0.5m建築できない。よって、地積は16m×11.5m=184m
建築面積の最高限度なので、建ぺい率を使用する。<資料>に記載のない条件は考慮しないので、緩和措置に該当しない。
184m×6/10=110.4㎡

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...