(資産設計)2級FP 2016年9月 問21

問 21
工藤まゆみさん(51歳)は、平成28年7月に夫から居住用不動産(財産評価額2,800万円)の贈与を受けた。まゆみさんが贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合の平成28年分の贈与税額を計算しなさい。なお、まゆみさんが平成28年に受けた贈与はこのほかにないものとし、納付すべき贈与税額が最も少なくなるように計算すること。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

[解答] 151(万円)
[解説]
贈与税の配偶者控除の額は2,000万円である。また、基礎控除額110万円も適用できる。
2,800万円-2,110万円=690万円・・・基礎控除後の課税価格
贈与税の速算表は、20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた財産の場合(ロ)を使用する。
690万円×40%-125万円=151万円

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...