(資産設計)2級FP 2016年9月 問39

問 39
正博さんは、勤務先の早期退職優遇制度(以前から恒常的に設けられているもの)を利用して、平成28年12月末に56歳で離職した場合の雇用保険の基本手当について、FPの落合さんに質問をした。雇用保険の基本手当(一般の受給資格者)に関する下表の空欄(ア)~(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、正博さんは大学卒業後の22歳からZG社に勤務し、継続して雇用保険に加入している。また、障害者等の就職困難者には該当しないものとする。

1.(ア)150日 (イ)4年間まで (ウ)12ヵ月以上
2.(ア)150日 (イ)6年間まで (ウ) 6ヵ月以上
3.(ア)330日 (イ)4年間まで (ウ) 6ヵ月以上
4.(ア)330日 (イ)6年間まで (ウ)12ヵ月以上

[解答] 1
[解説]
一般の受給資格者で、勤続年数が20年以上ある。よって、(ア)は150日である。

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...