(資産設計)2級FP 2017年1月 問10

改正対応|確認済み(2019.1)|

問10
借地借家法に規定する定期借地権等の種類や概要に関する下表の空欄(ア)~(エ)に入る適切な数値または語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ数値または語句を何度選んでもよいこととする。

<語群>
1. 10 2. 30 3. 50 4. 70
5.制限なし 6.特約は公正証書等の書面で行う
7.設定を目的とする契約は公正証書で行う

[解答] (ア)3 (イ)2 (ウ)6 (エ)5
[解説]
借地借家法に関する問題は頻出である。この表で知識の整理をしておこう。特に数値、契約方式のうち公正証書に限るのか、公正証書を含む書面でもいいのか、ポイントをおさえておく。

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...