(資産設計)2級FP 2017年1月 問14

改正対応|確認済み(2019.1)|

問14
地震保険に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 地震保険の保険料は、建物の所在地や構造によって異なる。

    [解答解説] ○

  2. 居住用建物に係る地震保険の保険金額の限度額は、5,000万円である。

    [解答解説] ○

  3. 家財のうち1個の価額が30万円を超える貴金属は、地震保険の補償対象となる。

    [解答解説] ×
    30万円を超える貴金属は、地震保険の補償対象外である。なお、家財のうち1個の価額が30万円を超える貴金属は、火災保険の場合は明記物件として別途記入すれば補償の対象になりますが、地震保険は明記物件ですらない。

  4. 地震による地盤の液状化により住宅が傾き、傾斜角度や沈下の状況が一定以上であった場合は、地震保険の補償対象となる。

    [解答解説] ○

[解答] 3
[補足]

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...