(資産設計)2級FP 2017年1月 問20

改正対応|確認済み(2019.1)|

問20
下記<資料>の土地に係る路線価方式による普通借地権の相続税評価額の計算式として、正しいものはどれか。

  1. 300千円×1.00×360㎡

    [解答解説] ×

  2. 300千円×1.00×360㎡×70%

    [解答解説] ○

  3. 300千円×1.00×360㎡×(1-70%)

    [解答解説] ×

  4. 300千円×1.00×360㎡×(1-70%×30%×100%)

    [解答解説] ×

[解答] 2
[解説]
普通借地権なので、賃借人(借り手)の相続税評価額である。
借地権割合が70%なので、「300千×1.00×360㎡×70%」となる。
(1-70%)は賃貸人(貸し手)の相続税評価額で使用する。

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...