(資産設計)2級FP 2017年1月 問36

改正対応|確認済み(2019.1)|

問36
秀樹さんは、60歳で定年退職し、WZ株式会社から退職一時金を受け取る予定である。秀樹さんの退職に係るデータが下記<資料>のとおりである場合、秀樹さんの退職一時金に係る退職所得の金額として、正しいものはどれか。


<資料>
支給される退職一時金 2,300万円
勤続年数 37年2ヵ月
※秀樹さんは、勤務先の役員であったことはない。
※退職は障害者になったことに基因するものではない。
※「退職所得の受給に関する申告書」は適正に提出している。

  1. 120万円

    [解答解説] ○

  2. 155万円

    [解答解説] ×

  3. 240万円

    [解答解説] ×

  4. 310万円

    [解答解説] ×

[解答] 1
[解説]
退職所得は「(収入ー退職所得控除額)×1/2」で求め、退職所得控除額は勤続年数20年超の場合、「800万円+70万円×(勤続年数-20年)」で求める。
また、勤続年数1年未満は繰り上げる。よって、勤続年数は38年
800万円+70万円×(38-20)=2,060万円
(2,300万円-2,060万円)×1/2=120万円

解答解説


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...