2級FP過去問解説(資産設計)2017年5月【問1】6つのステップ

問1

ファイナンシャル・プランニングのプロセスに従い、次の(ア)~(カ)を6つのステップの順番に並べ替えたとき、その中で3番目(ステップ3)となるものとして、最も適切なものはどれか。その記号を解答欄に記入しなさい。

(ア)顧客から受領した情報を基に、将来の財政状況の予測・分析等を行う。
(イ)顧客に提供するサービス内容や必要となる費用等について説明し、了解を得る。
(ウ)顧客の環境の変化、税制や法律改正の内容を考慮し、プランの見直しを行う。
(エ)顧客や家族の情報、財政的な情報等を収集し、財政的な目標を明確化する。
(オ)顧客の目標を達成するために必要なプランを作成し、提案書を提示する。
(カ)作成したプランに従い、必要な金融商品の購入、不動産売却等の実行を支援する。



[正解]  (適切)

[解説]

6つのステップはFP相談業務の基本となるものだが、それぞれの文章を理解すれば暗記しなくても並べ替えられる。
(イ)⇒(エ)⇒(ア)⇒(オ)⇒(カ)⇒(ウ)


[要点のまとめ]

<6つのステップ>
顧客に最適なアドバイスを行うためには、顧客とFPとの関係確立から始まり、プランの提示、そして実行の援助、プランの見直しまで定められたプロセスを踏む必要がある。
1.顧客との関係確立とその明確化
2.顧客データの収集と目標の明確化
3.顧客のファイナンス状態の分析と評価
4.ファイナンシャル・プランの検討・作成と提示
5.ファイナンシャル・プランの実行援助
6.ファイナンシャル・プランの定期的見直し

関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...