2級FP過去問解説(資産設計)2017年5月【問6】証券口座

問6

下記<証券口座の概要>に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

  1. (a)を選択した個人投資家は、申告義務が生じる年においては自身で損益を計算し、確定申告を行わなければならない。
  2. 年初の売却で(b)を選択した場合、同年中の2度目以降の売却の際に(c)に変更することができる。
  3. (c)を選択した場合、ほかの金融機関の特定口座における損益と通算するためには確定申告が必要である。
  4. 平成29年4月に新規購入した個人向け国債は、特定口座で保有することができる。

[正解]  (不適切)

[解説]

確定申告をしなければ損益通算などのメリットは受けられないが、手間は省ける。口座のうち、一般口座は確定申告をすることが前提の口座、証券会社から送られてくる書類に従って確定申告するのが源泉徴収なし口座、口座内で納税が完了するのが源泉徴収あり口座である。源泉徴収あり口座でも確定申告をして損益通算をすることができる。
また一般口座と特定口座は併用できるが、すでに株式などを売却していた場合や配当金を受けていた場合など一定の場合は年内の口座変更はできない。なお、個人向け国債も特定口座で保有することが可能である。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...