2級FP過去問解説(資産設計)2017年5月【問7】不動産広告

問7

下記<資料>は、大久保さんが購入を検討している新築一戸建ての広告(抜粋)である。この広告の内容等に関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

  1. (ア)□□線××駅からこの物件までの道路距離は、640m超720m以下である。
  2. (イ)「新築」と表示することができるのは、建築後1年未満で、一度も居住の用に供されたことのない物件である。
  3. (ウ)この物件を購入する場合、通常、宅地建物取引業者であるTK不動産に、媒介業務に係る報酬(仲介手数料)を支払う。
  4. (エ)スーパーマーケット等の商業施設を広告に表示する場合、物件までの道路距離を明示することとされている。

[正解]
(ア) × (イ)  (ウ)  (エ) 

  1. (ア)□□線××駅からこの物件までの道路距離は、640m超720m以下である。
  2. [解説]
    徒歩1分につき80mであり、1分未満は切り上げとなる。そのため徒歩8分は、徒歩7分1秒から8分となり、560m超640m以下が道路距離となる。

  3. (イ)「新築」と表示することができるのは、建築後1年未満で、一度も居住の用に供されたことのない物件である。
  4. [解説]
    建築後1年以上になると一度も居住の用に供されていなくても中古となる。

  5. (ウ)この物件を購入する場合、通常、宅地建物取引業者であるTK不動産に、媒介業務に係る報酬(仲介手数料)を支払う。
  6. [解説]
    媒介は一般的に売主も買主も上限額まで仲介手数料が発生する。

  7. (エ)スーパーマーケット等の商業施設を広告に表示する場合、物件までの道路距離を明示することとされている。
  8. [解説]
    デパート、スーパーマーケット、商店等の商業施設については、現に利用できるものを物件までの道路距離を明示して表示される。


error:Content is protected !!