2級FP過去問解説(資産設計)2017年5月【問15】総所得金額

問15

大下さん(67歳)の平成28年分の収入等が下記のとおりである場合、大下さんの平成28年分の総所得金額として、正しいものはどれか。なお、記載のない条件については一切考慮しないこと。

  1. 390万円
  2. 320万円
  3. 210万円
  4. 185万円

[正解]  (適切)

[解説]

アルバイト収入(給与所得)、老齢年金(雑所得)、満期保険金(一時金)はすべて総合課税なので、総所得金額に含める。なお養老保険の満期保険金は保険期間20年で、途中解約もしていないため金融類似商品に該当しない。
・各所得金額を求める。
 給与所得
  0円(最低給与所得控除額65万円以下)
 雑所得
  280万円-120万円=160万円
 一時所得
  300万円-200万円-50万円=50万円
・総所得金額を求める。
 一時所得は総所得に算入する際に1/2するので、
  160万円+50万円×1/2=185万円
 一時所得の50万円控除と算入時に1/2することを忘れないこと


関連問題


<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...