2級FP過去問解説(資産設計)2017年5月【問30】NISAとiDeCo

【第9問】下記の(問28)~(問33)について解答しなさい。


<設例>
氷室雪雄さんは、民間企業に勤務する会社員である。雪雄さんと妻の花代さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある妹尾さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも平成29年4月1日現在のものである。

[収入金額(平成28年)]
・雪雄さん:給与収入800万円(手取り額)。給与収入以外の収入はない。
・花代さん:給与収入100万円(手取り額)。給与収入以外の収入はない。
[金融資産(時価)]
・雪雄さん名義
 銀行預金(普通預金):100万円
 銀行預金(定期預金):400万円
・花代さん名義
 銀行預金(普通預金):50万円
 個人向け国債(変動10年):50万円
[住宅ローン]
 契約者 :雪雄さん
 借入先 :PX銀行
 借入時期:平成20年8月
 借入金額:3,000万円
 返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
 金利 :固定金利選択型10年(年3.65%)
 返済期間:35年間
[保険]
・定期保険A:保険金額2,500万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は雪雄さん、死亡保険金受取人は花代さんである。
・火災保険B:保険金額2,000万円。保険の目的は建物である。保険期間は30年。保険契約者は雪雄さんである。


問30

雪雄さんは、最近よく耳にするNISA(少額投資非課税制度)と個人型確定拠出年金(iDeCo)についてFPの妹尾さんに質問をした。妹尾さんがNISAと個人型確定拠出年金の概要を説明する際に使用した下表の空欄(ア)~(ウ)に入る適切な数値または語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。


[正解]
(ア)  (イ)  (ウ) 

[解説]

NISAと個人型確定拠出年金はいずれも税法上のメリットが期待できる運用方法であるため、試験でも出題される可能性が高く、しっかり覚えておきたい。資料以外のポイントは次のとおり
NISA:年間拠出限度額満たなくても翌年に繰り越せない。非課税の期間は5年間で、公社債や公社債投資信託は対象外である。
個人型確定拠出年金:会社員だけでなく、公務員や専業主婦、自営業者も加入できる。通算加入期間が10年以上なら60歳から受取可能だが70歳までに受給開始しなければならない。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...