2級FP過去問解説(資産設計)2017年5月【問33】ねんきん定期便・ねんきんネット

【第9問】下記の(問28)~(問33)について解答しなさい。


<設例>
氷室雪雄さんは、民間企業に勤務する会社員である。雪雄さんと妻の花代さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある妹尾さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも平成29年4月1日現在のものである。

[収入金額(平成28年)]
・雪雄さん:給与収入800万円(手取り額)。給与収入以外の収入はない。
・花代さん:給与収入100万円(手取り額)。給与収入以外の収入はない。
[金融資産(時価)]
・雪雄さん名義
 銀行預金(普通預金):100万円
 銀行預金(定期預金):400万円
・花代さん名義
 銀行預金(普通預金):50万円
 個人向け国債(変動10年):50万円
[住宅ローン]
 契約者 :雪雄さん
 借入先 :PX銀行
 借入時期:平成20年8月
 借入金額:3,000万円
 返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
 金利 :固定金利選択型10年(年3.65%)
 返済期間:35年間
[保険]
・定期保険A:保険金額2,500万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は雪雄さん、死亡保険金受取人は花代さんである。
・火災保険B:保険金額2,000万円。保険の目的は建物である。保険期間は30年。保険契約者は雪雄さんである。


問33

雪雄さんは、「ねんきん定期便」の通知内容や「ねんきんネット」でできることについて、FPの妹尾さんに確認をした。妹尾さんが雪雄さんに説明をした、50歳未満の人に送付される「ねんきん定期便」の内容および「ねんきんネット」で利用できるサービスに関する次の(ア)~(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。なお、雪雄さんは大学卒業後の22歳から現在まで継続して厚生年金保険に加入しているもの(第1号厚生年金被保険者)とする。

  1. (ア)50歳未満の人の「ねんきん定期便」には、定期便作成時点までの年金加入期間や保険料納付額(加入者本人負担分の累計)が記載されている。
  2. (イ)50歳未満の人の「ねんきん定期便」には、老齢年金の種類と定期便作成時点の加入制度に引き続き60歳になるまで加入した場合の老齢年金の見込み額が記載されている。
  3. (ウ)「ねんきんネット」では、利用登録後はいつでも、すべての期間の年金加入記録(加入履歴、厚生年金保険の標準報酬月額等)を確認することができる。
  4. (エ)「ねんきんネット」の「年金見込額試算」では、老齢年金および遺族年金の見込み額を試算することができる。

[正解]
(ア)  (イ) × (ウ)  (エ) ×

[解説]

50歳以上の人と50歳未満の人では、老齢年金の見込額(これまでの加入実績に応じた年金額)の部分が異なる。
50歳以上の人の場合は、現在加入している年金制度に、60歳まで同じ条件で加入し続けたものと仮定して計算した老齢年金の見込額が記載されている。一方、50歳未満の人の場合は、これまでの加入実績を基に計算した老齢年金の額が記載されている。つまり50歳未満の人の場合は、見込み額の記載はない。「ねんきんネット」では年金加入記録を確認することができ、老齢年金の見込み額を試算することができるが、遺族年金の見込み額を試算することはできない。



<解説・みんなの評価>

「かなり分かりやすい解説だった」⇒ ☆5
「分かりやすい解説だった」⇒ ☆4
「もう少し詳しく解説してほしい」⇒ ☆3
「解説が分かりにくかった」⇒ ☆2
「解説に間違いがあった」⇒ ☆1
で評価をお願いします。解説の見直しに利用させていただきます。

解説に間違いがあった解説が分かりにくかったもう少し詳しく解説してほしい分かりやすい解説だったかなり分かりやすい解説だった
読み込み中...